【2022】JOGGO(ジョッゴ)クリスマスプレゼント/二つ折り財布人気ランキング


この記事では、2022年のクリスマスプレゼントに喜ばれる、JOGGO(ジョッゴ)の最新情報をランキング形式に紹介しています。


JOGGO(ジョッゴ)は、安く、手軽にオーダーメイド(カスタマイズ)ができる革製品として、人気を呼んでいます。

オリジナルの贈り物としてもピッタリなので、クリスマスプレゼントとして、最適なのではないでしょうか。

JOGGO(ジョッゴ)のプレゼント選びに迷われたら、ぜひこの記事を参考にしてみてくださいね♪

目次

2022年JOGGO(ジョッゴ)クリスマスプレゼント/二つ折り財布人気ランキング

2022年クリスマスプレゼントに喜ばれる、JOGGO(ジョッゴ)の二つ折り財布を紹介していきます。

どのアイテムも、名前を入れることができるので、特別感のあるプレゼントとして、喜ばれること間違いないでしょう。

第1位 2つ折り財布(小銭入れ付き)

とてもなめらかな手触りの高級レザーで作られた二つ折り財布は、4つのカードポケットと、コインケース、お札入れの部分にも仕切りのあるお財布になっています。

色は、14色のカラー(期間限定で+3色)の中から、8つのパートで好きな色を選ぶことができます。

お相手の喜ぶ顔を思い浮かべながら、色を選んでいくのも楽しいですね♪

JOGGO公式サイトはこちら

第2位 ENISHI 2つ折り財布

高級感のあるレザーを使い、中は、カードポケットが10個と、お札入れには仕切りがあります。

そして、コインケースはマチが広く、取り出しやすい設計になっていて、小銭がかさばってしまっても、ベルトでしっかりとまるようになっているのも嬉しいポイントです。

色は、14色の中から、4つのパートで選ぶことができます。

JOGGO公式サイトはこちら

第3位 2つ折り財布(小銭入れなし)

こちらは、小銭入れのないコンパクトな二つ折り財布です。10個のカードポケットと、お札入れの部分には仕切りがあります。

コインケースを別で持たれる方に、人気のタイプとなっていて、ミニマニスト向けの財布になっています。

色は、14色のカラー(期間限定で+3色)の中から、5つのパートで好きな色を選ぶことができます♪

JOGGO公式サイトはこちら

第4位 ラウンド2つ折り財布(バイカラー)

バイカラーのお洒落な、本牛革の二つ折り財布で、ファスナーを開けば180度開くので、とても見やすく使いやすくなっています。

6つのカードポケットと、お札入れには仕切り、コインケースは、スナップボタンになっているので、すぐに取り出せて、コンパクトでスッキリした作りなので、キャッシュレスメインの方に人気のお財布です♪

色は、14色のカラー(期間限定で+3色)の中から、9つのパートで選ぶことができます。

JOGGO公式サイトはこちら

第5位 2つ折りエッジカラー財布(アシンメトリー)

バイカラーかつ、縁のカラーも選べる、スリムコンパクトな二つ折り財布は、小さなバッグにもさっと入れられるため、最低限の持ち物で使いたい時に重宝します。

4つのカードポケットと、お札入れ、外側についているコインケースと、シンプルな作りなので、キャッシュレス決済が多い方の満足度が高いアイテムとなっています。

色は、14色のカラー(期間限定で+3色)の中から、6つのパートで選ぶことができます。

JOGGO公式サイトはこちら

第6位 がま口2つ折り財布

小銭の取り出しやすさを重視したい方にオススメの、がま口2つ折り財布は、コンパクトながらも使い勝手は抜群です。

4つのカードポケットと、4つのフリーポケット、がま口のコインケースとお札入れにはそれぞれ仕切りがあって、見た目よりもたっぷり収納できるのが嬉しいところです♪

色は、14色のカラー(期間限定で+3色)の中から、6つのパートで選ぶことができます。

JOGGO公式サイトはこちら

第7位 2つ折りミニ財布

こちらは、お財布にICカード用のポケットがついた、2つ折り財布です。色々分けて持ちたくない方の、とてもシンプルなお財布となっています。

4つのカードポケットにプラスして、ICカードようのポケット、お札入れ、内側コインケースの構成で、普段使いにも、サブのお財布としても人気があります。

色は、14色のカラー(期間限定で+3色)の中から、6つのパートで選ぶことができます。

JOGGO公式サイトはこちら

まとめ

いかがでしたでしょうか?

JOGGO(ジョッゴ)の二つ折り財布を、ランキング形式で紹介しました。

大切な方へ贈る、クリスマスプレゼント選びの参考になれば嬉しいです。

よかったらシェアしてね!
  • URLをコピーしました!
  • URLをコピーしました!

この記事を書いた人

コメント

コメントする

目次